池袋に「ハムレット」を観に行く

真田丸」での家康役が印象に残った内野聖陽さん。舞台での姿も知りたくなり、東京芸術劇場での公演を観に行きました。

www.hamlet-stage.com

 久々の池袋。駅前の匂いは新宿と少し近い気もするけれど、もう少し垢抜けてない感じ。気取ってない印象です。

公園近くのプロントで昼食を取り、どこかアンニュイな桜を見ながらいよいよ劇場へ!

初めての東京芸術劇場です。「ゲイゲキ」って言うみたいですね。規模は違うけど、館内の造りはふと六本木の新美術館を思い出しました。

f:id:slyqm34:20170415144203j:plain

 写真を撮って、さっそく席へ。

プレイハウスは意外とコンパクトな造り。舞台の左側にも客席があったりで、新しく良い雰囲気でした。

2回席からの眺めもいいです。サイドの細い席も良さそう。

 

================☆☆

シェイクスピアを観る事自体が初めてだったので、物語の半分も理解していないと思いますが、休憩を挟んで3時間程、たっぷり楽しみました。役者さん達はマイク無しだそうで、喉のケアはどうされているのか気になったなあ。

 

主演・内野さんのセリフ量は相当なもの。大変そうですが、終始活き活きされてました。ポスターではかなり若く見えましたが、生で見ると、あ、40代なんだなとわかる。ですが熱量は高いなー。家康さんとは違う姿を見られて良かったです。テレビではだいぶ加減されてるんですね。

國村隼さんも映像でしか拝見していませんでしたが、舞台上での佇まいや存在感、台詞回しはさすが...と思いました。

浅野ゆう子さんも映像でしか知らないから、新鮮で。皆さん声量あるんだな。

貫地谷さんは後半に行くにつれ別の作品でも見てみたいと思いました。「直虎」での印象とはまた異なります。

声優としての活動は知っていましたが、村井國夫さんの声と声量がすてきです。

加藤和樹さん、後半での内野さんとの対決、見せ場でした。

皆さん複数の役を演じているそうで、探す楽しみもありました。

 

生演奏の尺八も印象的です。舞台袖で吹いている様子が見えるんです。

今回は2階席という事で、双眼鏡が多いに役に立ちました。役者さんの表情や衣装などもよく見えるので、今後も舞台鑑賞には持参しよう。Amazonで千円ちょっとで購入しましたが、十分でした。ちなみに劇場では似たようなものが4千円ほどで売られていました(^-^;)

 カーテンコールは、早め。以前海外からの公演を観にいった時は、3分くらいは待っていたので意外でした。皆さんすぐに出てこられ、茶目っ気ある振る舞いも。

 

================☆☆

たまに観劇に行くと、色々な感覚を刺激されていいですね。映画館へはよく行くけれど、舞台へは今までそんなに足を運んでいなかったので新鮮です。

ハムレット」----シェイクスピアにはまだまだ理解が足りていないけれど、良い時間を過ごせました。わからなくとも観るのが面白い。これが生の舞台の魅力でしょうか。

どさっといろんな公演のチラシを頂きましたが、東京ではあちこちで舞台が行われていて、京都でずっと過ごしてきた自分にはなんとも新鮮。この中から事前にピックアップして観に行くのもいいし、ふと思い立って当日ふらりと出かけてみるのもいいなあ。

 

さてお腹が空いたので、カレーを食べに有楽町へと移動。余韻も味わいながら、空腹に押される夕方でした。また舞台、観に行こう!

f:id:slyqm34:20170415150947j:plain