一保堂からイノブンへ、桜あんみつに服探し

f:id:slyqm34:20170418202911j:image

 丸の内にも支店がある日本茶専門店の一保堂。

東京丸の内店 | 一保堂茶舗

京都市役所前から寺町通りを北上すること4分くらい。老舗らしい外観の本店が見えてきました。

 f:id:slyqm34:20170418203040j:image

嘉木(かぼく)  煎茶と桜餅 税込918円 食べかけですみません(^-^;)

お煎茶の中でも濃厚だという嘉木。この季節らしくお菓子には桜餅をお願いしました。冷茶バージョンです。どのお茶も、淹れ方を丁寧に教えて頂けます。その通りに淹れたら、ちゃんと美味しくできあがり。あー自宅でもこんな風に美味しいお茶を頂こうと思いました。ティーバッグの身軽さも好きだけど。

抹茶や玉露、ほうじ茶に玄米茶など色々なお茶を楽しめる一保堂の喫茶。海外の方も多く、盛況でした。

 

さて風が気持ちいいので、お店を出た後はとことこ南下。京都の雑貨屋さんといえばこちら、イノブンへやってきました。

f:id:slyqm34:20170418203543j:image

www.inobun.co.jp

この日は探していたゴールドのピアスを発見。地下から4階まであり、服やアクセサリーにインテリア、文房具にコスメに食品とセレクトは幅広く、すべてじっくり見るには1時間は必要かも。知らない商品との出会いも多く、季節ごとに寄りたくなるお店です。

 

河原町はいつも混み混み。桜餅のみでお腹が空いてきたので、高島屋に入っている甘味屋さん・月ヶ瀬へ。

f:id:slyqm34:20170418203722j:image

www.tsukigase.jp

季節のあんみつや、お正月なら白味噌雑煮も頂けます。桜餡のあんみつに一息付いて、地下へ。ここでは和菓子売り場の一角にある、全国から集められたお菓子をよく見に行きます。今は桜のお菓子が多かったな〜。

ところで京都高島屋、平日の上階は結構閑散としているんですよね。場所は京都でも一等地ですが、数十年後はどうなってるんだろう。年配の常連さんにはアピールしているけれど、地下以外若い人はあまり見かけないし。

 

お腹を満たしてまた歩きたくなったので、今度は北上。錦市場に寄ったりしつつ、寺町御池近くのD_MALLへやって来ました。衣食住をテーマにしたドミンゴのお店です。

f:id:slyqm34:20170418203932j:image

そろそろ半袖が気になり始める季節。店内にはシャツやジーンズがたくさん。小さなポケットの水色ストライプシャツがかわいい。こちらで売られているドライフルーツ&ナッツが美味しくて、よく買っていました。カゴや箒、調味料なんかも置いてあります。

 

御池通りと四条通りの間を行ったり来たりしながらの散策も、面白いですよ。

ところどころに通り名の表示もありますが、歌で覚えるとわかりやすいです。「まるたけえびすに〜」って自分もたまに思い出して、どこの通りか確認したりします(^0^)