ホテル・アンテルームは無印とちょっと似てる

京都駅の南側に位置するホテル・アンテルームに初めて宿泊しました。

hotel-anteroom.com

駅からタクシーだと2、3分の距離です。前々からなんとなく気にはなっていた、リノベーションホテル。非日常というよりも、日常の延長というか、誰かの家に泊まるような感覚で寛いで滞在できました。

f:id:slyqm34:20170726224126j:plain

f:id:slyqm34:20170726224247j:plain

ギャラリーやラウンジの色合い・雰囲気が統一されていて、初めて訪れたのになんだか落ち着きます。アートをテーマにしたホテルですが、あまり仰々しくなくスッと空間に馴染むように展示されている印象。 

f:id:slyqm34:20170726224817j:plain

ベースカラー中心のシンプルで機能的なお部屋。それほど広さはないのですが、妙に落ち着きました(^。^*) 朝は酸っぱい梅昆布茶で目覚まし。日差しがたっぷり入り、電気を付ける必要がないくらいでした。

 

f:id:slyqm34:20170726225137j:plain

朝食はカラフル!サンドイッチやグラノーラ、パウンドケーキなどから、3種類のメインを頂けます。サラダやヨーグルトはブッフェスタイル。青梅のジャムがインパクトありました。

f:id:slyqm34:20170726225354j:plain

やや重みのあるマグカップ。シンプルなロゴが素敵。

f:id:slyqm34:20170726230527j:plain

無印の店舗で聴いた事のある曲が流れていたり、IDEEで見かけた事のあるランプがあったりと、全体的に共通する部分もあるなーと感じました。シンプルでモダン、ナチュラルでスッキリ。+遊びの要素も。

滞在するなら、朝食を付けるのがおすすめです☆