ハンター×ハンター 暗黒大陸編を読み返してみて

34巻の発売と共に6月26日に連載再開された、「HUNTER×HUNTER」。

新大陸へ向かう巨大輸送船ブラックホエール1号では、カキンの王位継承戦が繰り広げられています。新大陸(仮)到着まで2ヶ月。クラピカはどう動くのか、誰かと共闘するのか、どの王子が最終的に王位を手にするのか...興味が尽きません!

34巻や連載を何度か読み、うろ覚えの部分もあったので、暗黒大陸編を最初から読み返してみました。

・・・・新大陸(仮)到着直前で、内通者のサイユウを逮捕する件忘れてた!

f:id:slyqm34:20170730160817j:image

そもそも、暗黒大陸を冒険したり、厄災解決のリターンを持ち帰る事が大きなテーマである今回の物語。その前に、王位継承戦という意外なイベントが勃発したんですよね。

f:id:slyqm34:20170730160833j:image

諸々の事情で、十二支んのメンバーの何名かは目の回る忙しさです。ワブル王子の警護に付いているクラピカなんて、現状は他の事案を掛け持ちする余裕はなさそう。

サイユウ逮捕する余裕がありそうなのは、今のところ一緒にビヨンドの監視に付いているカンザイか、サッチョウか。この2人もローテーションで別の任務に着きそうな流れですし、例えばカンザイ1人が相手なら、ビヨンドとサイユウ、さらにパリストンが協力して逃げ切ることは出来そうです。そうなったら、別の階層にいるクルックやピヨン、ギンタにゲル達はどう動くのだろう・・・f:id:slyqm34:20170730160859j:image

 

パリストン達は、いま別の場所にいるようですが(ブラックホエール2号?) どのタイミングでビヨンドと合流を図るのか、気になる所。パリストンが言ってた様に、ほんとに暗黒大陸に着いてからなのか、それとも何かを起こすのか、はたまた起きるのか。

サイユウ以外の内通者や、展開によってはビヨンド側に付くメンバーも出てくるかもしれませんし、 王位継承線の流れとの関わりも気になります。

f:id:slyqm34:20170730160914j:image

継承戦がどれくらいの時間をかけて描かれるのか分かりませんが、暗黒大陸に到着する前のフリというには十分すぎる程の、濃ぉおおい内容になりそうです。というか、もうなってきてますね。本誌の書き込み具合もすごいし、登場するキャラクターも相当な数です。頭フル回転でなんとか話の流れについて行ってる状態ですが、とにかく面白いし、わくわくさせられます!

果たして王になるのは、誰なんでしょう?

本命 チョウライ  対抗で ルズールス

穴が タイソン   大穴が サレサレ

んーでもチョウライは唐突にあっけなく死んでしまう気もするし、カミーラやツェリードニヒが王になる展開も見てみたい気もします。一番小さいワブルにも、離脱ではなく王になる可能性が僅かかもしれませんがあります。まだワブルの念獣は姿を表していませんが、相当なものなんだろうなあ...

f:id:slyqm34:20170730160947j:image