ハンター×ハンターをイメージする曲たち

今回も、HUNTER×HUNTERの連載は10回で一旦ストップ。登場人物も増えてどんどん面白くなっている王位継承戦。こんな展開を考えるには、十分な時間がないとむずかしいと思います。それぞれの思惑が入り乱れて読めない展開の連続。みんな生き生きしてる。

一体この後どうなっていくのか、連載再開を楽しみに待とうと思います!今年、アルカな?

 

今回の記事では、自分がハンターのキャラクターや世界観を連想してしまう曲を集めました。そういう曲、ありませんか?

まずはゴン。一応主人公ですが、今は念能力が使えなくなってお休み中ですね。

当初、彼の目的は父であるジンを探し出すことでした。自分はカバー曲から知ったのですが、Zedd「Find You」という曲に、ゴンを重ねたりします。歌詞はそんなに関係なく。


Zedd - "Find You" Cover (@RosendaleSings) ft. Matthew Koma & Miriam Bryant

見つけ出せて良かったね、ゴン!

ぜひ暗黒大陸には行ってほしいなあ。

 

続いてレオリオ。仲間思いで、ジン曰くかなり伸び代がある人。王位継承戦での活躍はあるのか!?見たい!見たいぞ!!


You'll be in my heart - Peter Hollens feat. Bryan Lanning

フィル・コリンズによるディズニー映画ターザンの主題歌で、上のカバーが好きです。レオリオのクラピカチームへの加担はあるのかなあ。上司のチードル次第?

 

次は継承戦で神経すり減らし気味のクラピカです。 ちょっとずつ味方も増えつつはあるけど、大変な状態には変わりないですね。テイラー・スウィフトのカバー曲を思い浮かべちゃいます。この2人の他のカバーもしょっちゅう聴いています。


I Knew You Were Trouble (Taylor Swift) - Sam Tsui & Kurt Schneider Cover

こちらも歌詞はあまり関わりありません(^-^;) 

 

3人のイメージ曲をご紹介しましたが、キルアだけはまだないんです。彼も暗黒大陸には登場しそうな気がします!

ということでその暗黒大陸をイメージする曲がこちら。


The Jungle Book / Sarabande (Mayan Style) - The Piano Guys (Wonder of the World 3 of 7)

実写版ジャングル・ブックのテーマ曲のカバーです。オリジナルもカッコいいんですが、映像も合わせてなんとなく暗黒大陸っぽいなーと。カバーしているThe Piano Guysは他の曲も好きでよく聴いています。

 

ほかにも色々あるのですが、この辺にしときます。

ハンターが好きだからか、音楽以外でも「これハンターっぽいな」と連想する事、結構あります。願わくば、なるべく近いうちに連載が再開されますように!